Flatt Security Blog

株式会社Flatt SecurityのBlogです。

セキュリティの力で、世の中をよりクリエイティブな世界に/Flatt Security Learning Platformプロダクトマネージャー・小島凌汰

Flatt Securityではどのようなメンバーが働いているのか、会社の雰囲気をお伝えするために社員インタビューを実施しています。今回お話を伺ったのは2020年10月に入社したばかりの小島凌汰さん。

Web エンジニアのセキュアコーディング 習得を支援する SaaS 型の完全オンラインの学習プラットフォーム「Flatt Security Learning Platform」のプロダクトマネージャーや新規事業の開発・推進などを担当しています。

中学生時代、自身のWebサービスを作成したことがきっかけでセキュリティに興味を持ち、「いつかはセキュリティに携わりたい」と思っていた小島さん。今までのキャリアと、セキュリティプロダクトに懸ける想いを聞きました。

f:id:flattsecurity:20201027231143j:plain

小島凌汰(@ryoidong):

2019年3月に慶應義塾大学環境情報学部を卒業。高校生のときにソフトウェアエンジニアを経験したことがきっかけで、学生時代にプロジェクトマネージャーの経験を積み始める。その後、新卒で大手IT企業に入社し、開発プロジェクトのマネジメントを経験。 2020年10月にFlatt Securityへ入社。セキュリティプロダクト事業のプロダクトマネージャーを担当し、新規事業の開発・推進を行っている。

中学生時代からセキュリティに興味を持っていた

f:id:flattsecurity:20201027231643j:plain

――今までのキャリアについて教えてください。

小島凌汰(以下、小島):私はもともとソフトウェアエンジニアだったのですが、開発するだけではなく「モノ作り全体に関わりたい」という強い希望もありました。どうしたらそれが実現できるか考えた結果、「プロジェクトマネージャーが最適だ」という答えにたどり着き、就職活動ではプロジェクトマネージャーができる仕事を探しました。

そのなかのひとつが、国内最大級の動画配信事業を展開する大手IT企業。将来的に大きなプロジェクトに関わりたいと思っていたので、その会社に新卒で入社することに。希望通り100人以上が所属する大きな部署に配属され、20人規模のチームでプロジェクトマネージャーを担当していました。


――希望だったプロジェクトマネージャーになったものの、なぜFlatt Securityに転職しようと思ったのでしょうか?

小島:プロジェクトマネージャーをするだけならば元の会社の方が関われる規模は大きかったのですが、セキュリティに関わりたいという気持ちは抑えられなかったですね。

中学生のときからセキュリティに興味を持っていて。きっかけはFlashゲームにハマり、自分でもWebサービスを作成するようになったこと。周囲にエンジニアの友人が多かったので、私の作ったWebサービスの脆弱性を発見して報告してくれることが度々ありました。彼らのおかげでセキュリティの大切さや重要性を知り、友人とCTFに参加したりセキュリティ界隈の人たちと交流を持ったりするようになったんです。

交流を持った人の中に、Flatt Security代表の井手さんや、プロダクト開発を推進していたセキュリティエンジニアの米内さんもいました。2人のセキュリティに対する思いや行動力にとても共感して。

会社もさまざまなプロダクトを企画・開発しているというなかで、私もその思いを一緒に実現したいと思い、業務委託のプロジェクトマネージャーとして参加することにしました。

そのときに開発していたものの1つがFlatt Security Learning Platformです。年内にβ版を、来年には正式版をリリースするという目処が固まってきたタイミングで、僕も正式に転職することを決意しました。

flattsecurity.hatenablog.com

正社員になった理由は、業務委託という立場では関われる範囲が限定されてしまうから。何よりもFlatt Securityのメンバーが世の中のセキュリティ課題を本気で解決しようとしているのがこれまで関わってきた中でよくわかっていたので。


――井手さんや米内さんのどのような考え方に共感したのでしょうか?

小島:「セキュリティの力で世の中を安全にしていくだけでなく、その先でクリエイティブな世界にしたい」という考え方に共感しました。

今は様々な便利なサービスが生まれていますが、外部からの攻撃による情報漏洩や不正操作などのリスクも高まっています。最近も様々な悪意ある攻撃のニュースが出ていましたが、リスクがあるなら防ぎたいが、防ぎ方がわからないという課題もあると思います。

サイバーセキュリティはそういったリスクから守るだけでなく、企業が安心してサービスを作ることができるようになれば、面白いものをたくさん世の中に出していくことが出来ると思っています。私も彼らも、どうしたら脆弱性をなくすことができるのかについては悩み、議論もしました。

そのなかで出ていた解決策のひとつが、「開発者がセキュリティを学び、開発段階から脆弱性を無くすことができればいいのではないか」という案。それを実現するためのプロダクトとして、Flatt Securuity Learning Platformが生まれました。こうやって理想に向かって議論を重ねられる人たちがいることも、それが実現できる環境も魅力でしたしたね。

裁量が大きいのでオーナーシップを持って働けている

f:id:flattsecurity:20201027231851j:plain

――大手企業からスタートアップ企業に転職することに対して不安はありませんでしたか?

小島:あまりありませんでした。むしろ業務の裁量が大きく、オーナーシップを持って仕事ができる今の環境は自分に向いていると思います。もちろん、大手企業に比べると安定材料は少ないかもしれませんが、その分、緊張感を持って働けています。

また、井手さんの「セキュリティの課題を本気で解決したい」という覚悟を感じたのも転職したいと思った理由かもしれません。セキュリティ事業をはじめたばかりで、まだセキュリティエンジニアが一人もいないときでも、Flatt Securityは積極的にセキュリティイベントにスポンサーを出していたんです。そこには「日本を代表するようなセキュリティ企業と肩を並べるだけでなく、その先で世界で愛されるようなプロダクトを目指す」という井手さんの思いがあり、自分も同じ視座の高さで働きたいと思いました。


――入社して約1ヶ月が経ちました。Flatt Securityの正社員として働いてみて感じたことなどあれば教えてください。

小島:セキュリティ診断やペネトレーションテストなどを実施する「プロフェッショナルサービス事業部」と私が所属する「セキュリティプロダクト事業部」間でのコミュニケーションが円滑なので、とても働きやすいですね。クライアントのペインをキャッチアップし、プロダクトの開発に生かすことができています。

「セキュリティの力を信じて世の中の課題を解決したい」と思うメンバーと働きたい

f:id:flattsecurity:20201029173416j:plain

――この記事を読んだ人は、Flatt Securityに興味のある方もいるかと思います。どのような人材がFlatt Securityに向いていると思いますか?

小島:世の中や目の前のユーザーの課題に基づいて、いいサービスを作りたいと思っている人が向いているのではないでしょうか。

また、弊社はセキュリティエンジニアを始め技術的な探究心のある人が多いため、勉強会なども盛んな雰囲気。プロダクト開発エンジニアであればユーザーの課題を元に、企画から開発、運用までを一貫してやりたいと考えている人が向いているのではと思います。


――ありがとうございます!最後に、小島さん自身がどのような方と働きたいかを教えてください。

小島:セキュリティの力で世の中の安心と、その先にあるクリエイティブな世界を実現できるように、開発者や運用担当者向けのプロダクトを作っていきたいです。サービスがスケールするために、セキュリティの力を信じて、世の中の課題を解決したいと思えるビジネス職やエンジニア、デザイナーなどが集まってくれたら嬉しいですね。

終わりに

Flatt Securityは共に働くメンバーを募集しています! ご興味のある方は、弊社HPの採用情報ページからお気軽にお問い合わせください。